So-net無料ブログ作成
花(秋) ブログトップ
前の10件 | -

日本の国歌のような花? [花(秋)]

昨日(11/5)の朝は冷えました。こちら京都でも一けた台となり、日の出前に朝の仕事に行く身としてはぐっと冷たさが堪えます。そんな昨日は長袖の下着に交換して出かけました。でも、日中は青空のもとで気温が上がり、少し長袖の下着では汗がにじむほどです。この時期は着るものが難しいですね。
朝晩の気温がぐっと下がり朝晩と昼の気温差が大きくならないと、紅葉が進みませんし、綺麗に紅葉をしないのでという思いもありますので、なって欲しいとも、でも!という気持ちも。中々難しいですね。

さて、タイトの「日本の国歌のような花?」とは、「アツバキミガヨラン(厚葉君が代蘭)」リュウゼツラン科ユッカ属の花のことです。ね!「君が代」という国歌が名前の中に入っているでしょう!。
「君が代」とは、和歌史上においては、祝福を受ける人の寿命をさしますが、さらに事実上の国歌として歌われた明治期以後の歌曲「君が代は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまで」をさすとされています。
 アツバキミガヨランの名前の由来は、キミガヨランは学名の種小名「グロリオサ(栄光のある)」という意味を「君が代は栄える」という風に解釈して名付け、アツバは葉っぱ厚いという意味とのことです。

君が代を現代語訳すると
男性と女性が共に支えているこの世は 千年も幾千年もの間 小さな砂がさざれ石のように やがて大きな盤石となって 苔が生じるほど長い間栄えていきますように
と訳されるようです。
いろいろな考え方があるでしょうが、国歌ということでここはさらりと!

アツバキミガヨランは、日本には明治時代に渡来し、庭園樹として広く利用されています。丈夫で生命力が強く、手間のかからない樹木なので、よく見かけますよね。

◇アツバキミガヨラン(厚葉君が代蘭) リュウゼツラン科ユッカ属
細長く鋭利な刀のような葉が多数集合して放射状に広がった中心部から、 長い花茎が真っ直ぐに伸びて分枝し、その各枝に多数の大きな下向きの純白の花をつけます。
開花期は春と秋というように2度見られ、春咲く花は白、秋咲く花は淡紅色を帯びます。

アツバキミガヨラン-1(20191104).jpg
酒蔵・大倉記念館とアツバキミガヨラン


アツバキミガヨラン-2(20191104).jpg
アツバキミガヨラン-3(20191104).jpg
アツバキミガヨラン-4(20191104).jpg




今日から12日までが、「年金週間」とのことで、「11(いい)6(老後)」の語呂合わせからとのことです。
さて、この語呂合わせのように「いい老後」を迎えられるように自分で頑張らないと。もう、お国はあてになりそうもないしですし!お金があればそれで幸せということでもありませんしね。
「君が代は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまで」
現代語訳のようになりますように(^_^)ニコニコ



★おまけの一枚

ムカデの毒、恐るべし!
先月の30日に噛まれ医者に診てもらい、一旦は痛みも、腫れも引きました。でも昨日の朝からまた、痛みと腫れが復活です。とにかく噛まれた指が痛痒いです。
もう、噛まれたくはないですね。(-_-メ)
噛みあと(20191105)ブログ.jpg



**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**********************************************

  ★★★★★★ 宣伝です ★★★★★★

***********************************************
リーガロイヤルホテル京都 開業50周年記念
       京都のチカラ
       「50人50色」
***********************************************
が、2019年11月1日(金)~11月10日(日)まで
リーガロイヤルホテル京都で開催されます。

その開業50周年記念のひとつのコーナーで
京都の芸術大学の学生のアート作品を展示。
若い芸術家の新鮮で創造力あふれる作品をご鑑賞ください。

として、娘も木版画1点ですが、ロビー(1F)で展示されます。

ブログ用-1(20191018).jpg ブログ用-2(20191018).jpg ブログ用-3(20191018).jpg




★「今日は何の日」★


6日(水) 先勝 [旧暦十月十日]

【馬琴忌】
『南総里見八犬伝』『椿説弓張月』の作者として知られる江戸後期の戯作者、滝沢馬琴の命日。享年81。
盲目となりながらも口述筆記によって『八犬伝』が完成したのは、第1巻刊行から28年後の1842年(天保13年)、彼が75歳のときだった。墓は文京区・深光寺にある。

【年金週間】(~12日)
「11(いい)6(老後)」の語呂合わせから。
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

リンドウの名前の由来が面白い! [花(秋)]

昨日(11/1)は、晴天の関係もあり大分気温が下がりました。しかしながら、日中は今日から11月だよな?と暦を改めて確認したくなるような気温になりました。午後に家に戻るときも何と11月だというのに日陰を選んで歩くということに!。それにしてもとても11月とは思えない気温ですね。毎年この時期になるとそろそろ炬燵を出そうか、ファンヒーターは?ということになるはずですが、そんなことを今のところ考えられません。
さてさて、ムカデ騒ぎも一段落しました。まだ噛まれた親指にはほんの少しですが違和感がありますがその他は通常通りに!。昨日も先生に結果確認をしたいので来るようにと言われていましたので一応、再診に行ってきました。先生からはどうですか?との質問に、「痛みの引き、腫れも収まりました」指を見せて診察は終了です。先生はもう噛まれないようにと。それは噛まれたくないですよね。もう少し、アレルギーを抑制する薬を出しておきますと!。私の心の中ではもういらないかもとも思いながらもしたがってきました。
昨日の昼間も飲んだのですが、少し眠くなる成分も入ってますとは言われていますが、本当によく眠れます。思わず昨日も1時間も昼寝をしてしまいました。

さて、タイトルの話題に話を戻します。「リンドウの名前の由来が面白い!」とは
リンドウを漢字で書くと「竜胆」と書きます。その名前は中国名の「竜胆」に由来します。これは、リンドウの根が漢方薬として有名な「熊胆」と同じくらい苦く、コレに匹敵するのは例えるなら竜の胆くらいしかないんじゃないか、ということで「竜胆」と名付けられ、その音読みの「りゅうたん」が転訛したと言われているそうです。面白いですよね、リンドウという可愛い花の名前のイメージが変わります。
そんなリンドウ(竜胆)リンドウ科で、本州から四国・九州の湿った野山に自生する秋の山野草の代表的なものです。
花は、天気の良いときだけ太陽に向かってまっすぐに開花し、くもりや雨、また夜には花を閉じてしまい咲かないようです。
古くはえやみぐさ(疫病草、瘧草)とも呼ばれたとのことです。
リンドウは、花が美しいことから、園芸的改良が盛んで多くの品種が見られ、鉢花や切り花などでも流通していますので、普通私達が見るリンドウはこちらの方ですね。
リンドウ-3(20191028).jpg リンドウ-4(20191028).jpg リンドウ-6(20191028).jpg


今日は、これから準備ができ次第、妻とふたりで次女の通う大学の美術教育後援会の「秋の懇親会(研修旅行)」に出かけます。実は昨年もこの秋の懇親会に申し込んでいたのですが義母の危篤などもあり京都を離れられず、急きょキャンセルしたものです。い~やあああ、もうあのバタバタからもう1年かとそんな思いと共に行ってきます。
今回は、兵庫県小野市の浄土寺、加古川市の鶴林寺(かくりんじ)を訪ね、日本美術史の専門の先生の解説付きです。見どころや歴史などを詳しくご説明していただけるところもいいですね。
私は珍しく、お天気も良さそうなので、楽しんで来ます。


**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**********************************************

  ★★★★★★ 宣伝です ★★★★★★

***********************************************
リーガロイヤルホテル京都 開業50周年記念
       京都のチカラ
       「50人50色」
***********************************************
が、2019年11月1日(金)~11月10日(日)まで
リーガロイヤルホテル京都で開催されます。

その開業50周年記念のひとつのコーナーで
京都の芸術大学の学生のアート作品を展示。
若い芸術家の新鮮で創造力あふれる作品をご鑑賞ください。

として、娘も木版画1点ですが、ロビー(1F)で展示されます。

ブログ用-1(20191018).jpg ブログ用-2(20191018).jpg ブログ用-3(20191018).jpg




★「今日は何の日」★


2日(土) 先負 [旧暦十月六日]

【白秋忌】
『邪宗門』『ペチカ』などで知られる詩人で歌人の北原白秋の命日。享年57。彼と山田耕筰のコンビから生まれた歌は、今も多くが愛唱されている。また彼の生家跡には北原白秋記念館が設けられている。

【諸霊祭、死者の日】
キリスト教で、この世を去ったすべての信徒を記念する日。

【永観忌、永観律師忌】
『往生拾因』を著した京都・禅林寺の僧、永観の命日。禅林寺は彼の名にちなんで永観堂とも呼ばれ、紅葉の名所となっている。
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

ウメバチソウ [花(秋)]

昨日(10/31)は、一昨日のムカデによる騒ぎも何とか治まりました。まだ少し腫れは残っていますが、通常に作業等もできることから一安心でした。ご心配をしていただいた方々にお礼申し上げます。
さて、昨日は朝の近鉄電車に乗り、乗換駅が近づいた時に電車が急ブレーキがかかりました。何があったのか? 車掌さんが「電車が踏切内で何か物とぶつかりました」とアナウンスです。電車は乗り換え駅のホームが先頭車両なら見えるほどの距離です。私はいつも最後尾車両の一番後ろに乗車していますので、車掌さんに動きが見えます。車掌さんが「これから衝突した物の確認と回収に行きます、しばらくお待ちください」とのアナウンスし電車を降りていく姿が見えます。何やら、バラバラになったものを拾い集めていました。近くに来た時に何かと確認するとどうやら、和室天井から下げる蛍光灯の器具のようでした。トラックの荷台などに乗っていたその蛍光灯器具が線路を横断するときの揺れで落ちたのかも知れませんね。そんなことでそこで7,8分止まっていたかも知れません。そうなると当然、いつもの地下鉄電車には遅れます。1本遅れで朝の仕事場に急ぎます。着くと店長が私の出入り口である裏口で覗いているではありませんか。何せムカデ事件の昨日の今日ですから、遅いなと心配してみてくれたのですね。本当に嬉しかったですね(^_^)ニコニコ 
ハイ、いつも以上に綺麗に頑張りましたとさ(^_-)-☆

さてさて、またまた、植物園で見かけた花でお茶を濁します。その花が「ウメバチソウ(梅鉢草)」ニシキギ科です。
和名の由来は、花の様子を家紋の「梅鉢」に見立てたものです。そう、梅鉢紋と言えば学問の神様と呼ばれる菅原道真さんが有名ですよね。
「梅鉢紋」の「鉢」は、家紋の中央(花のおしべのようなもの)が太鼓をたたくときのバチのように見えたことからその名が付いたとのことです。確かに見えなくもありませんね。
 ウメバチソウは北半球の温帯から亜寒帯に分布し、日当たりのよい湿地や小川のそば、山地の水がしみ出るような斜面に見られる多年草です。
秋に、茎先に白い5弁花を上向きに1輪つけます。花弁には緑色の脈が目立ち、花の中央に雄しべが5本です。
雄しべは1日に1本だけ立ち上がって花粉を出します。雄しべの隣に細かく分裂した仮雄しべがあり、その仮雄しべは花粉を出しません。また、真ん中に白い帽子のような形の雌しべがあります。
ウメバチソウ-1(20191028).jpg ウメバチソウ-2(20191028).jpg ウメバチソウ-4(20191028).jpg


*梅鉢紋がこれになります
梅鉢紋.jpg


○ウメバチソウは、ニシキギ科ではなく、ウメバチソウ科、ユキノシタ科で分類される場合もあるとのことですが、私にはそちらの方が近い気もするのですが、今回は植物園の表示に従いました。



★おまけの一枚

ムカデに刺された昨日の指の様子
ムカデのあと(20191031).jpg

どうでもいい写真でしたね(-_-メ)


**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**********************************************

  ★★★★★★ 宣伝です ★★★★★★

***********************************************
リーガロイヤルホテル京都 開業50周年記念
       京都のチカラ
       「50人50色」
***********************************************
が、2019年11月1日(金)~11月10日(日)まで
リーガロイヤルホテル京都で開催されます。

その開業50周年記念のひとつのコーナーで
京都の芸術大学の学生のアート作品を展示。
若い芸術家の新鮮で創造力あふれる作品をご鑑賞ください。

として、娘も木版画1点ですが、ロビー(1F)で展示されます。

ブログ用-1(20191018).jpg ブログ用-2(20191018).jpg ブログ用-3(20191018).jpg




★「今日は何の日」★


1日(金) 友引 [旧暦十月五日]

【全国すしの日】
1961年(昭和36年)に全国すし商環境衛生同業組合連合会が制定した日。
おいしい新米が出回り、ネタになる魚が旬であり、脂がのることからこの時期を選んだという。

【灯台記念日】
日本最初の洋式灯台である観音埼灯台が、1868年(明治元年)に神奈川県横須賀市に設置された。1949年(昭和24年)に海上保安庁が、この灯台の起工日を記念日として制定。

【計量記念日】
1993年(平成5年)のこの日、新計量法が施行された。これを記念して、1994年(平成6年)に通産省(現・経済産業省)が制定。同省の4大記念日のひとつ。

【紅茶の日】
1791年の11月、ロシアに漂着した伊勢の船主・大黒屋光太夫が、エカテリーナ2世より茶会に招かれた。日本人が初めて海外の茶会に参加して本格的な紅茶を飲んだことにちなみ、日本紅茶協会が1983年(昭和58年)に制定。

【自衛隊記念日】
1954年(昭和29年)7月1日に自衛隊法が施行され、防衛庁が設置されたことを記念して制定。7月は災害出動が予想されるため、防衛庁が11月にずらした。

【犬の日】
社団法人ペットフード協会が1987年(昭和62年)に制定。「ワン・ワン・ワン」の犬の鳴き声から11月1日に。犬についての知識を身につけて、犬をかわいがる日とされている。

【「キティちゃん」誕生日】
1974年(昭和49年)のこの日、サンリオのキャラクター、ハローキティ (本名:キティ ホワイト)と双子の妹ミミィ(本名:ミミィ ホワイト)がイギリス・ロンドン郊外で誕生した。

【諸聖人の日】
キリスト教で、諸聖人と殉教者を記念する日。イタリア、スペインでは祝祭日に指定されている。

【本格焼酎と泡盛の日】
1987年(昭和62年)9月、日本酒造組合中央会が制定。焼酎や泡盛は毎年8~9月頃に仕込みが始まり、その年の新酒が飲めるようになるのが11月1日前後だということから、この日になった。

【教育・文化週間】(~7日)
社会教育法の施行10年を記念して制定。文化の日を中心とした1週間がこれにあたる。教育・文化に関する関心を高める目的で各地で関連行事が行われる。

【ゆとり創造月間】(~30日)
労働省(現・厚生労働省)により制定。労働時間の短縮が呼びかけられる。

【職業能力開発月間】(~30日)
職業能力の向上をめざした技能五輪全国大会などが催される。競技職種にはノミと槌を用いる石工や、0.001ミリの精度を競う精密機器組立てなどがある。
nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

雨の菊花展! [花(秋)]

昨日(10/29)は、朝から雨で、気温が上がりません。朝の気温と日中の気温がほとんど変わらない。それに本格的な雨脚でした。午前中は!
そんな雨が降る中で、植物園の菊花展に行ってきました。というよりも屋根があるので雨宿りができるという方が大きかったかもでした。でも、そんな雨の日に行ったので、菊花展の係り員さんには喜ばれました。行った時は11時頃でしたが、係員さんいわく、多い日には400人を超す観覧者が、昨日はまだ10人に達していない、手持無沙汰ですと人数を数えるカウンターを押していました。この時は、外国からの観光客と思われる中年のご夫婦と私の3名でした。係りの人がどうぞごゆっくりと見てくださいと! でも、植物園は毎日のように行きますが、ほとんど毎日30分ほどの滞在時間なのでと係員さんに言い訳を言いながら失礼しました。雨なのでサブカメラしか出しませんでしたし!
そんな菊花展のスナップです。

菊花展-1(20191029).jpg 菊花展-2(20191029).jpg 菊花展-3(20191029).jpg 菊花展-4(20191029).jpg 菊花展-5(20191029).jpg 菊花展-6(20191029).jpg 菊花展-7(20191029).jpg 菊花展-8(20191029).jpg 菊花展-9(20191029).jpg


そして、午後も2時過ぎには雨もあがり、3時前に家を出てみると、何やら大きな歓声が響き渡っていました。何かなと元の小学校のグランドを覗きに行くと、来年の2月に行われる小学生大文字駅伝の予選会が行われていました。
ここの地域の予選会には14チームが走り、その上位4校が本戦にに出場とのことです。
本当に雨が上がって良かったです。小学生たちはそれぞれの小学校の本戦出場を目指して雨上がりで足元が悪い中で頑張っていました。ハイ、私もしばらく、ランナーに頑張れの応援をしてきました(^_^)ニコニコ
大文字駅伝-1(20191029).jpg 大文字駅伝-2(20191029).jpg 大文字駅伝-3(20191029).jpg


こちら京都では、市内の小学校の殆どが予選会に参加し本戦を目指すことからチョッと知られた大会です。


**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**********************************************

  ★★★★★★ 宣伝です ★★★★★★

***********************************************
リーガロイヤルホテル京都 開業50周年記念
       京都のチカラ
       「50人50色」
***********************************************
が、2019年11月1日(金)~11月10日(日)まで
リーガロイヤルホテル京都で開催されます。

その開業50周年記念のひとつのコーナーで
京都の芸術大学の学生のアート作品を展示。
若い芸術家の新鮮で創造力あふれる作品をご鑑賞ください。

として、娘も木版画1点ですが、ロビー(1F)で展示されます。

ブログ用-1(20191018).jpg ブログ用-2(20191018).jpg ブログ用-3(20191018).jpg




★「今日は何の日」★


30日(水) 赤口 [旧暦十月三日]

【香りの記念日】
第7回国民文化祭「世界の香りフェアIN能登」を開催した石川県七尾市が1992年(平成4年)に制定したもの。なお、七尾城跡の遺跡からは香炉が発掘されるなど、「香りのまち・七尾」と呼ばれている。

【ニュースパニックデー】
1938年(昭和13年)にアメリカ・CBSラジオでオーソン・ウェルズ演出のSFドラマ『火星人の来襲 (War of the Worlds)』が放送された際、臨時ニュースのシーンが本当のニュースと勘違いされ、アメリカ中が大パニックになったことから。

【紅葉忌】
『金色夜叉』『多情多恨』などを執筆、硯友社を設立、『我楽多文庫』を創刊した小説家、尾崎紅葉の命日。享年36。
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

トラノオ!? [花(秋)]

昨日(10/27)は、午前中は少し雲も多めでしたが、午後になると青空が広がり暑すぎず寒すぎず、さわやかな一日となりました。午後に少し散歩をしたのですが、気持ちのよい散歩になりました。
昨日は「先勝」ということで日柄も良かったのかな!。散歩途中の御香宮さんでも、七五三、お宮参りのご家族でかなりにぎわっていました。髪の毛を金髪に染めたお父さん、お母さんもお宮参りで・・・格好だけで判断してはいけませんが、親の気持ちは同じだと! そんなことを考えながら眺めておりました(^_^)ニコニコ

さてさて、タイトルの「トラノオ」とは、こちら関西ではトラと言えば阪神タイガースですよね!。申し訳ありませんが私はファンではありませんが!大丈夫です、そもそも野球ファンではありませんのでどこのファンでもありません。実は10年ぐらい前までセリーグ、パリーグの区別もつかないという野球音痴でした。
何か話がそれてきましたが、ここの「トラ」とは名前にトラと付いた植物です。今、植物園で咲いている花で「トラノオスズカケ」と「ミズトラノオ」です。ネタもないことから無理やりの登場です。

◇トラノオスズカケ(虎の尾鈴懸)ゴマノハグサ科
花期は8~10月で、葉のわきに円錐形の花穂をつけ、多くの紅紫色の小さな花がすき間なくつきます。
和名は、トラノオスズカケのスズカケは、花を山伏が着る法衣についた丸くて大きな房に見立てたもので。さらに円錐形をした花穂を虎の尾に形容したものです。
トラノオスズカケ-11(20190927).jpg トラノオスズカケ-12(20190927).jpg トラノオスズカケ-13(20190927).jpg


◇ミズトラノオ(水虎の尾)シソ科
花弁は淡い紫色であり、雄しべは4本で花から突き出しており、長い毛が密生しています。
和名は、花穂を虎の尾に見立てたものです。
環境省レッドリスト(2012)では「絶滅危惧Ⅱ類」に指定されています。
ミズトラノオ-6(20190927).jpg ミズトラノオ-7(20190927).jpg ミズトラノオ-8(20190927).jpg


失礼しました!


**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**********************************************

  ★★★★★★ 宣伝です ★★★★★★

***********************************************
リーガロイヤルホテル京都 開業50周年記念
       京都のチカラ
       「50人50色」
***********************************************
が、2019年11月1日(金)~11月10日(日)まで
リーガロイヤルホテル京都で開催されます。

その開業50周年記念のひとつのコーナーで
京都の芸術大学の学生のアート作品を展示。
若い芸術家の新鮮で創造力あふれる作品をご鑑賞ください。

として、娘も木版画1点ですが、ロビー(1F)で展示されます。

ブログ用-1(20191018).jpg ブログ用-2(20191018).jpg ブログ用-3(20191018).jpg




★「今日は何の日」★


28日(月) 仏滅 [旧暦十月一日・朔]

【速記記念日】
1882年(明治15年)のこの日、日本で初めて速記法を完成した田銷綱紀 (たくさりこうき)が東京・日本橋で速記教室を開いたのを記念して、 (社)日本速記協会が制定したもの。彼が発表した田鎖式と呼ばれる速記方式は当時の衆議院と貴族院にて採用された。

【群馬県民の日】
1871年(明治4年)の旧暦のこの日、「群馬県」の名称が使われた事を記念し1985年(昭和60年)に制定。この日を中心とした9月28日から11月30日までの約2か月間、豊かな郷土を築くことをテーマとしてイベントが県内で催される。

【ABCの日】
1952年(昭和27年)のこの日、日本ABC協会(新聞雑誌部数公査機構)の前身となるABC懇談会が設立したことによる。同協会の必要性を呼びかけることを目的に1989年(平成元年)に制定された。2002年(平成14年)には創立50周年を迎えた。ABCはAudit Bureau of Circulationsの略。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

柊木犀かな? [花(秋)]

昨日(10/26)は、予報よりもお天気の回復が遅くなり、午前中は何とも薄暗く感じるほど雲が低く垂れこめていました。その雲もやっと午後の2時頃になると切れて青空が広がりました。それにつれて暑さもでした。予報では23°まで上がるとのことでしたが、午前中には今日はそこまで上がらず外れたなと思ったのですが、い~やああ、当たりましたね。散歩のときの日差しが暑く感じられました。
その散歩中に見かけたのが「柊木犀(ヒイラギモクセイ)」モクセイ科です。い~やああ、だと思います。
ヒイラギモクセイはギンモクセイとヒイラギの雑種であるとされます。

柊木犀(ヒイラギモクセイ)の特徴は
○花は10~11月のはじめに咲き、ヒイラギの開花期よりも数週間早い。
○花の形は、ギンモクセイの性質が強く出ているようで、花弁は反り返りません。
○ヒイラギモクセイもヒイラギと同様に、時折全縁で棘のない葉が出ます。
 棘のある葉を出している株でも、部分的に全縁の葉をつけていることも多い。
 両者が混在している場合には、全縁の葉の方が、小さい(と言われますが、見たものはチョッと違うかも?)。
 このような性質は、ヒイラギの性格を受け継いでいると言われています。

とありましたので、見た限りは、柊木犀(ヒイラギモクセイ)ではと判断した次第です。勝手な判断なので違うかもご指摘をいただけると嬉しいです。
ヒイラギモクセイ-1(20191026).jpg ヒイラギモクセイ-2(20191026).jpg ヒイラギモクセイ-3(20191026).jpg


○一本の木に棘のある葉と無い葉が混在です。
ヒイラギモクセイ-4(20191026).jpg ヒイラギモクセイ-5(20191026).jpg ヒイラギモクセイ-6(20191026).jpg ヒイラギモクセイ-7(20191026).jpg


難しいですね。(-_-メ)


**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**********************************************

  ★★★★★★ 宣伝です ★★★★★★

***********************************************
リーガロイヤルホテル京都 開業50周年記念
       京都のチカラ
       「50人50色」
***********************************************
が、2019年11月1日(金)~11月10日(日)まで
リーガロイヤルホテル京都で開催されます。

その開業50周年記念のひとつのコーナーで
京都の芸術大学の学生のアート作品を展示。
若い芸術家の新鮮で創造力あふれる作品をご鑑賞ください。

として、娘も木版画1点ですが、ロビー(1F)で展示されます。

ブログ用-1(20191018).jpg ブログ用-2(20191018).jpg ブログ用-3(20191018).jpg




★「今日は何の日」★


27日(日) 先勝 [旧暦九月二十九日]

【読書週間】(~11月9日)
1924年(大正13年)に始まった「図書週間」に由来。1933年(昭和8年)に一度「図書館週間」と改称されて、1947年(昭和22年)に現在の「読書週間」となる。主催団体は(社)読書推進運動協議会。

【松陰忌】
山口・萩の「松下村塾」にて伊藤博文らを教育した長州藩士、吉田松陰の命日。安政の大獄にて処刑された。享年29。
萩には吉田松陰歴史館が設けられている。
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

好きな色の秋の花 [花(秋)]

昨日(10/25)は、こちらでも本当によく降りました。近くを流れる宇治川でも上流のダムが放水量を増やすという放送が何回も流れて、水位も大分高くなっていました。まだ、余裕があるとは言えども心配になります。
台風19号で川が氾濫した地域では大丈夫だったのでしょうか。などと思っていた昨日の夕方に、ネットの情報では「千葉、高滝ダム・亀山ダムで緊急放流へ 避難呼びかけ」とありましたが大丈夫だったのか心配になりました。今回は何とかダムへの流入量が減少したことから見合わせたとのこととりあえずはホッとしましたが!。本当に他人ごとではありませんので、我が家の上流にもダムがあるので!
本当に災害が多いですね。
そんな時にのんきな話で申し訳ありません。
昨日も強い雨が降るので、植物園をあきらめてそのまま朝の仕事から戻りました。あの強い雨では植物園の入園者も少なかったでしょうね。いつものこの時期なら晴れていれば、植物園の外からでも園児たちのドングリ拾いの歓声が大きく聞こえるのですが、さすがに昨日は静まり返っていました。
そんなことで、2,3日前に見かけ撮影した秋の花の登場です。私は黄色が好きな色の一つです。そこで、そんな黄色の花の登場です。
◇タカクマホトトギス(高隈杜鵑)ユリ科
タカクマホトトギスは、ユリ科の多年草で、九州大隅半島の岩場に自生し「環境省RDB:準絶滅危惧(NT)指定植物」という貴重な植物となります。
タカクマホトトギス-1(20190927).jpg タカクマホトトギス-2(20190927).jpg タカクマホトトギス-3(20190927).jpg


◇キバナアキギリ(黄花秋桐) シソ科
 キバナアキギリは本州・四国・九州に分布する多年草。丘陵地帯から山地にかけての、明るい夏緑広葉樹林や林縁などに生育し、適潤地からやや湿った場所に生育することが多いようです。
和名は、葉の形がキリの葉に似、花が咲くのが秋であること、アキギリやオオアキギリは紫色の花をつけますが、こちらは黄色であることからこの名前がつきました。
キバナアキギリ-11(20190927).jpg キバナアキギリ-12(20190927).jpg キバナアキギリ-13(20190927).jpg キバナアキギリ-14(20190927).jpg キバナアキギリ-15(20190927).jpg



派手さはありませんが、心が和む色と雰囲気ですよね!
それに、黄色以外にも花の色なら多くの色が好きなのですが(^_^)ニコニコ
またまた、苦し紛れの話題でした。

そうか、今日はこちら京都では例年10月22日に行われる時代祭が開催されます。
お天気が回復してよかったですね。
今年は天皇の即位の礼で特別に日にちを変更したとのことです。
今回の土曜開催に味を占めて、今後も土曜開催なんてことにならないかと心配になったりして!



**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**********************************************

  ★★★★★★ 宣伝です ★★★★★★

***********************************************
リーガロイヤルホテル京都 開業50周年記念
       京都のチカラ
       「50人50色」
***********************************************
が、2019年11月1日(金)~11月10日(日)まで
リーガロイヤルホテル京都で開催されます。

その開業50周年記念のひとつのコーナーで
京都の芸術大学の学生のアート作品を展示。
若い芸術家の新鮮で創造力あふれる作品をご鑑賞ください。

として、娘も木版画1点ですが、ロビー(1F)で展示されます。

ブログ用-1(20191018).jpg ブログ用-2(20191018).jpg ブログ用-3(20191018).jpg




★「今日は何の日」★


26日(土) 赤口 [旧暦九月二十八日]

【原子力の日】
1963年(昭和38年)のこの日、茨城県東海村の日本原子力研究所の動力試験炉(JPDR)が日本で初の原子力発電に成功した。これを記念して1964年 (昭和39年)に政府が原子力の日を制定、原子力について国民の理解を深めてもらおうと様々な行事を行っている。

【時代祭】
京都・岡崎に所在する平安神宮の祭礼。明治時代から延暦時代までの時代を遡る順に、その時代毎の装束に扮した人々の行列が見られる。2キロにもなる行列は、御所を経由して神宮へ戻る。
時代祭が始められたのは平安神宮が創建された1895年(明治28年)のことで、遷都1100年を記念したものであった。
※例年10月22日に行われているが、今年は「即位礼正殿の儀」が行われるため、26日に変更。
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

関谷の秋丁字 [花(秋)]

昨日(10/23)は、午前中は青空も広がりましたが、午後からはどんどんと雲が広がり夕方には今にも降りそうなくらいの厚い雲に覆われてしまいました。今日は雨の予報ですね。傘が手放せないかも明日も!

さてさて、ブログのネタがないことから、無理やりの登場です。植物園は秋の花が咲き出し、春や夏のような華やかさは少ないですが、しっとりとした優しい花たちが増えています。そんな中の一つの花の名前が、時代劇に出てきそうな渡世人の口上をなぜか連想してしまって、自分で撮影しながら思わず笑ってしまった花です。
それが「セキヤノアキチョウジ(関谷の秋丁字)」 シソ科です。
頭の中に突然、浮かんだ渡世人の口上
***********************************************
おひかえなさんせ、おひかえなさんせ、早速おひかえあって、ありがとうござんす。
手前、生国と申しまするは、関谷の国、名前発しまするは失礼にござんす、本名は秋丁字にござんす。
***********************************************
が何故か、撮影するときに思い浮かび、思わず笑い声が漏れてしまいました。
誰かに聞かれたら気持ち悪く思われたでしょうね。という「セキヤノアキチョウジ(関谷の秋丁字) シソ科」です。
セキヤノアキチョウジは、山地の木陰に生える多年草です。茎の先や葉腋から花序柄をだし総状の花序をつけ、花は淡青紫色で、花冠は長さ約20mmの唇形型で細毛があり、萼は小さく5裂しています。
秋に青紫色の唇形の花をつけ、「丁字」形の花であるところからこの名にことです。「関屋」とは昔の関守の家(関所を守る家) のこと。関所の近くに咲いていたからこの名になったようです。
茎や葉は除虫剤や香料になるようです。

セキヤノアキチョウジ-2(20171014).jpg セキヤノアキチョウジ-12(20191023).jpg セキヤノアキチョウジ-13(20191023).jpg セキヤノアキチョウジ-14(20191023).jpg


失礼しました(-_-メ)
本当にどうでもいい話でしたね。
本当にヒマですね!

そうか、今日は24節気のひとつ「霜降」ですね。
秋が一段と深まり霜が降りることが多くなり、冬の近づきを感じる頃とも。木枯らしが吹き始め、楓が紅葉し始めるころとも。と言いましても、こちら京都の昨日は25°超えの夏日だったようですが!


**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**********************************************

  ★★★★★★ 宣伝です ★★★★★★

***********************************************
リーガロイヤルホテル京都 開業50周年記念
       京都のチカラ
       「50人50色」
***********************************************
が、2019年11月1日(金)~11月10日(日)まで
リーガロイヤルホテル京都で開催されます。

その開業50周年記念のひとつのコーナーで
京都の芸術大学の学生のアート作品を展示。
若い芸術家の新鮮で創造力あふれる作品をご鑑賞ください。

として、娘も木版画1点ですが、ロビー(1F)で展示されます。

ブログ用-1(20191018).jpg ブログ用-2(20191018).jpg ブログ用-3(20191018).jpg




★「今日は何の日」★


24日(木) 仏滅 [旧暦九月二十六日]

【霜降】
24節気のひとつ。秋が一段と深まり霜が降りることが多くなる。冬の近づきを感じる頃。木枯らしが吹き始め、楓が紅葉し始める。

【国連の日】
1945年(昭和20年)6月26日にサンフランシスコで調印された国際連合憲章が同年のこの日に発効、国際連合が正式に発足したことに由来する。
日本は1956年(昭和31年)に加盟が認められた。

【世界開発情報の日】
国連が制定した国際デーのひとつ。世界中の開発の情報を集め地球全体の開発のバランスを考えようというのが目的。

【軍縮週間】(~30日)
国連が制定した国際週間。
nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

秋模様! [花(秋)]

昨日(10/18)は、結局一日中、雨が降ったり止んだりを繰り返したはっきりしないお天気でした。それに気温が上がりませんでしたね。長袖でも上着が欲しいほどでした。一気に季節が進んだように感じられました。
今年の秋はさわやかな「秋晴れ」が少なく、週末ごとに雨ということも多くあります。こちら京都もそうですね。
そんな秋ですが、わが家のキンモクセイも咲き出し、ご近所のキンモクセイもいっせいに咲き出し、強い香りが漂ってきています。これも秋を感じさせてくれる香りですね。
そして、植物園ではミツバアケビの実が美味しいに口を開けていました。これは秋の実りですね。

◇キンモクセイ(金木犀) モクセイ科
キンモクセイは9月下旬から10月中旬に、強い芳香のある橙黄色の小さな花を枝に密生させて咲きます。特に夜間は、近くになくても香りが感じられるほどに強く香ります。
雌雄異株ですが、日本では雄株しか入っていませんので結実はしないということです。
キンモクセイ-1(20191017).jpg キンモクセイ-2(20191017).jpg キンモクセイ-3(20191017).jpg キンモクセイ-6(20170928).jpg


◇ミツバアケビ(三葉通草)アケビ科
アケビとともに秋の味覚として親しまれてきたつる性の植物で、3枚の小葉があることからミツバアケビとよばれています。
果実は液果で、厚い果皮に包まれ、ずんぐりした繭形になります。長さは10cmほどの長楕円形になり、アケビに比べて先端側が膨らみが大きく全体に太いのが特徴です。秋に熟すると、緑色から紫色または赤紫色に変化し、果皮が裂開して中にゼリー状の果肉があります。果肉は白色で、黒色の多数の種子を含み食用となります。
ミツバアケビ-1(20191017).jpg ミツバアケビ-2(20191017).jpg ミツバアケビ-3(20191017).jpg ミツバアケビ-4(20191017).jpg


はい、どうでもよい話題でした!


★おまけの一枚
昨日は、植物園で、断末魔の状態のようでしたが、アブラゼミが葉にしがみついてる姿を見かけました。
今頃どうした、間違って生まれてきてしまったのか?
10月も18日はあまりにも遅い、寒い! もちろん、相手はいないでしょうね。
セミ(20191018).jpg



**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**********************************************

  ★★★★★★ 宣伝です ★★★★★★

***********************************************
リーガロイヤルホテル京都 開業50周年記念
       京都のチカラ
       「50人50色」
***********************************************
が、2019年11月1日(金)~11月10日(日)まで
リーガロイヤルホテル京都で開催されます。

その開業50周年記念のひとつのコーナーで
京都の芸術大学の学生のアート作品を展示。
若い芸術家の新鮮で創造力あふれる作品をご鑑賞ください。

として、娘も木版画1点ですが、ロビー(1F)で展示されます。

ブログ用-1(20191018).jpg ブログ用-2(20191018).jpg ブログ用-3(20191018).jpg



今は、毎日、遅くまで学校に残り、木版に向かって彫刻刀で彫っているようです。
どんな作品ができるのか楽しみでもあります。

「今日は何の日」


19日(土) 大安 [旧暦九月二十一日]

【晩翠忌】
『荒城の月』の作詞で知られる、詩人で英文学者の土井晩翠(ばんすい)の命日。

【日ソ国交回復の日】
1956年(昭和31年)のこの日、クレムリンにて「日ソ共同宣言」の調印がブルガーニン首相と鳩山一郎首相らにより行われた。これにより外交関係が回復。

【ブラックマンデー】
1987年(昭和62年)のこの日(月曜日)、ニューヨーク株式市場を皮切りに、各国の株式市場にて株価が暴落、空前の下落率を記録した。

【べったら市】(~20日)
東京・日本橋に所在する恵比須神社の市。大伝馬町で大根を麹に漬けたべったら漬の市が多く見られる。
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

シュウメイギク [花(秋)]

昨日(10/17)の朝は一昨日の最低気温と比べたら2°ほど高かったようですが、それでも朝の6時過ぎに家を出る者にとっては寒いのに変わりはありませんが!。昨日のお天気は曇り空が広がり、今日は雨が予想されています。台風19号の被災地でも、今日と明日は雨で、それも大雨になるかもと言われています。河川が決壊した地域などでは少しの雨でも災害がと言われていますので本当に心配になりますね。わが家も、宇治川沿いにあり、上流にはダムもあるので本当に他人ごとではありません。

そんなことを書きながらもこんなのんきな話題ですが、それが、秋の風情を感じさせる優雅な花の「秋明菊(シュウメイギク)」キンポウゲ科です。
シュウメイギク-21(20191015).jpg シュウメイギク-22(20191015).jpg シュウメイギク-23(20191015).jpg シュウメイギク-24(20191015).jpg シュウメイギク-25(20191015).jpg シュウメイギク-26(20191015).jpg シュウメイギク-27(20191015).jpg シュウメイギク-28(20191015).jpg シュウメイギク-29(20191015).jpg

暑さが和らぎ始めたころから咲き出し、風に揺れるその姿も優雅ですてきですよね。
名前にキクが付きますが、キクの仲間ではなくアネモネの仲間のキンポウゲ科です。

  ★★★★★★ 宣伝です ★★★★★★

***********************************************
リーガロイヤルホテル京都 開業50周年記念
       京都のチカラ
       「50人50色」
***********************************************
が、2019年11月1日(金)~11月10日(日)まで
リーガロイヤルホテル京都で開催されます。

その開業50周年記念のひとつのコーナーで
京都の芸術大学の学生のアート作品を展示。
若い芸術家の新鮮で創造力あふれる作品をご鑑賞ください。

として、娘も木版画1点ですが、ロビー(1F)で展示されます。
ブログ用-1(20191018).jpg ブログ用-2(20191018).jpg ブログ用-3(20191018).jpg


今は、毎日、遅くまで学校に残り、木版に向かって彫刻刀で彫っているようです。
どんな作品ができるのか楽しみでもあります。


**************************************************
すーさんの「撮植(さつしょく)日記」
↑気ままに撮影した植物を掲載しています。よかったら見てやってください。
 ご意見をいただければ最高です。
**********************************************

「今日は何の日」


18日(金) 仏滅 [旧暦九月二十日]

【統計の日】
国民に統計の重要性を理解してもらおうと1973年(昭和48年)に政府が制定した日。日本初の近代的統計である「府県物産表」についての太政官布告が公布されたのが、1870年(明治3年)の10月18日(旧暦の9月24日) だったことから。

【冷凍食品の日】
1986年(昭和61年)に日本冷凍食品協会が制定した日で、便利な冷凍食品をもっと食べてもらおうとPRするのが目的。冷凍のトウ(10)とマイナス18度が冷凍食品の品質を保持するのに最適な温度のため10月18日とした。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 花(秋) ブログトップ